スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C Light

どうも!
Takamochiです。

昨日、ファビオ・ノヴェンブレの展覧会を見に行った所・・・
2日前に終わっていました。。(そこ押さえとこ、、自分。)

去年の彼の展覧会を見に行って、展示のエネルギッシュさに圧倒されました。
また、3ヶ月ほど前に、たまたま彼が本屋で立ち読みしてるところを発見したので、話しかけたところ、とても気さくな方で・・好感度UP。恐縮です。

うーん、、見に行きたかった。残念です。。

今回のブログは僕の3つめの作品、「C Light」の紹介・説明です。

C Light

何だ、この黒い物体は??

C Light 2

おぉ!ぱっか~、って

「あっ・・何かアルファベットのCっぽくな~い??」

C Light 3

ひ、ひ、光っとる!!

「C Light」という名前でモロばれでしたが、照明です。
大きさは直径30cmです。

今回のコンセプト「invisibile」ということで、この照明では「外見と内面のギャップ」を表しました。
つまり外見では見えてこない、照明という機能。

普段の生活で色んなモノや、様々な人に出会います。
形で機能が分かるモノ、記憶の蓄積から機能がわかるモノ。

ただ人と人とのコミュニケーションの中では、それは難しいですよね。
しかし、やはり視覚という感覚がある以上、外見は判断の材料になります。
そこの予想とか、考えを裏切られた(いい意味での)、驚きを表したいと思いました。

開けると光る。
閉じると消え、ただの黒い球体。(コードを見せたくなかったので充電式にしました。)

LEDを下部に設置することで、電球を中心に据えるよりも照明っぽさを無くしました。
表面のざらつきは炭塗料特有のものです。
黒いざらつき→放たれる光、、このギャップも僕は好きです。

ツンデレとか、、ギャップはいいですね!!笑
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。